舌 口臭

MENU

舌の表面を清潔にして臭いを防ぐ方法とは?

この記事では舌の表面を清潔にして臭いを防ぐにはどうすればいいか解説しています。また保湿剤による口臭ケアについても説明していきます。

 

口臭と舌の表面の関係について

人には、舌苔(ぜったい)という物質があります。
これは、舌の表面に付着した白い苔のようなもので、これがあると口の中の細菌が繁殖しやすくなります。

 

ご自身の舌を鏡などで確認して、白く汚れていると口臭を発していることになります。
口の洗浄をしていない場合、胃腸の調子が悪いような場合やドライマウスのような場合には、舌苔が付着しやすいです。

 

多かれ少なかれ誰にでも舌苔があります。
完全に取り除くことは不可能ですので、少々の舌苔ならば特に問題はありませんが、これが増えれば増えるほど口臭が強くなってしまいます。

 

そこで、時々舌の掃除をするのですが、歯ブラシを利用することは絶対に避けましょう。

 

歯ブラシで汚れをとるのは歯垢や歯石です。
舌の表面は微細な粘膜構造になっていますので、すぐに損傷を受けてしまいます。

 

舌を安全に磨くためには、専用の舌ブラシがあります。
比較的安く安心して利用することができますので、口臭対策には、大きな効果を発揮するでしょう。

 

ただ、舌ブラシは人気がある商品ですので、高い商品などもありますが、高いから必ずしも良い商品ということはありません。
できれば、歯科医師が認めている舌クリーナーを利用したいところ。

 

また、腸の機能低下により舌苔も増えてきますので、腸の状態を良くすることが必要です。
ヨーグルトやはちみつなどが良いとされています。
腸のバランスを正常化してくれるでしょう。

保湿剤の利用をする口臭対策

口の中の唾液の分泌などが弱まっている、あるいは水分が足りない場合には、食べかすなどからガスが発生されて、悪臭を放ちます。

 

ですから、口の中は唾液の分泌と口の中が水分で潤っていることが大切なことです。
そんな際に利用するのが保湿剤です。
口の中を極力乾燥しないようにするための商品です。

 

といっても保湿剤のみだけで完全に口臭予防はできません。
しかし、かなりの効果がありますので、気になるあなたはぜひ試してみてください。

 

保湿剤の種類はさまざまで、ジェルタイプのものの人気が高いようです。
ゼリー状のものを口の中に塗布して利用することになります。

 

どうしてもベトベトしてしまうので、最初は違和感があるかもしれませんが、すぐになれるでしょう。
確実に保湿剤の効果は体感できるはずです。

 

保湿剤にはキシリトールという物質が配合されている場合が多く、さわやかな甘さがあります。
また一般のドラッグストアなどでいつでも容易に手に入れることができます。

 

どうしてもジェルタイプになじめない方は、マウスウォッシュタイプの保湿剤を利用されてはいかがでしょう。
ただし、効果はジェルタイプより劣る場合が多いようです。

 

いずれにしても、口の中の潤いを保つことができるので、口臭の予防には繋がります。
もちろん口の中をキレイにしてくれるものではないので、日々のブラッシングなどのケアはしっかりするようにしてください。
口臭予防のためには、歯磨きは欠かせません。